スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Mont Saint-Michel

s-DSC00407.jpg
20110716 NEX-C3@le Relais du Roy


いきなり、ディナーの写真です^^A;

ふわふわ大きなおいしかったパン! 笑

テーブルのセッティングも可愛いでしょ?


フランス西海岸のサン・マロ湾近くのモンサンミッシェル島の対岸にあるホテルにて・。*


s-DSC00410.jpg



そして、これがモンサンミッシェル地域の地ビールだってv

スカッと爽やかな喉ごしキレのあるニホンのビールと違って、

まろやかフルーティーなお味でした~^^  ドスウノチイサイワインミタイナカンジ-! 笑


ディナーのあとで、モンサンミッシェル島へのお散歩♫

美しい世界遺産の夜景が目的です。



s-DSC00424.jpg


この時期は暗くなるのが遅いので、ゆっくり夕飯を食べて9:30過ぎにホテルを出発しても

外はまだ、こんな感じ。。


s-DSC00436.jpg
20110716 NEX-C3@Mont Saint-Michel


潮の満ち干で海に浮かんでいるような姿になるという

修道院のまわりはこんな感じでした。


s-DSC00444.jpg



長い歴史の中で、時代によっては外との警備が厳しかったという石で出来た城壁をくぐると・・



s-DSC00450.jpg


狭い石畳の両側につらなる、いまでは、ホテルや、お土産屋さん~^^


もちろんこの付近は観光客向けの顔で、修道院としての場所はきっと

きちんと守られたところで、いまでも静粛で清らかな空気に包まれているのかと思います。



s-DSC00461.jpg



だんだん暗くなってきて。。



s-DSC00458.jpg





s-DSC00469.jpg
20110716 NEX-C3@Mont Saint-Michel



この美しい姿に見惚れて、何度もなんどもシャッターをきりました。


建物のいちばんてっぺんに輝いているのが、聖ミカエルの像です。




s-DSC00474.jpg



大感動しての、ホテルへの帰り路。。。

充分に舗装もされていない車道わきの歩道をてくてく引き返しました;;;

ヒツジ注意!の看板まであるしەەە

遠かった~~~~~;;; 笑



s-DSC00646.jpg
20110716 NEX-C3@Mont Saint-Michel


ちなみに、大天使ミカエルはこのような姿であらわされていることが多くて

剣をかかげて、邪悪の象徴とされているドラゴンを足元に踏みつけているとのことでした。



s-DSC00660.jpg
20110716 NEX-C3@Mont Saint-Michel


翌日に再び、モンサンミッシェル修道院にむかって

石の路をどんどん登っていって

いちばん高いあたりから臨んだ風景がこちら

空と海のグラデーションに息をのみました。

この写真の数十倍は綺麗でした。



s-DSC00687.jpg


さて、超長くなりましたが;

食べ物で始まったので、食べ物で〆! 笑


リンゴのお酒、シードル。。ジュースみたいでおいしい♪


s-DSC00688.jpg


モンサンミッシェルといえば、プラールおばさんのクッキーとともに

コレなしでは語れない((笑

しゅわっしゅわな、オムレット!

塩味でさっぱりおいしい。。きっとね、タマゴや塩がもう、おいしいのだと思います^^



s-DSC00692.jpg



そしておまけで、これがデザート~^^ リンゴのタルト


・・・・・食いしん坊でスミマセン;  苦笑




スポンサーサイト

ジャンル : 写真
テーマ : 写真日記

[ 2011/08/26 13:38 ] お出かけ | TB(0) | CM(6)

もはや・・

s-DSC00130.jpg
20110715 NEX-C3@L'aéroport de Paris-Charles-de-Gaulle



うーん、前の記事から、だいぶ時間が経ってしまいました;

・・ので? シャルルドゴール空港に写真が逆戻り~ 笑

建物のガラス部分に入っていたロゴがあまりに可愛かったので

カメラに収めてありました♫ ^^


さて、旅行から帰ってきて、はや1ヶ月・。*

もはや細部まで覚えてないし。。(((^^A;

なので、サクッと写真を並べていきたと思います~ 爆




s-DSC00223.jpg
20110715 NEX-C3@Cathédrale Notre-Dame de Chartres


パリからおよそ南東80キロほど離れた都市シャルトルにある

フランスにおいて最も美しいゴシック建築のひとつと考えられている


シャルトル大聖堂!


の正面の、王の扉口と呼ばれている側の塔の部分

ふたつ並んでいる塔ですが、長い歴史の中で片側の塔が焼失したので

建築様式がそれぞれ違います。


そこがまた、なんとも魅力的な世界遺産の建物でした。


ここはまた、バラ窓をはじめとするステンドグラスでも有名で・・

外側から見たバラ窓が、こちら、


s-DSC00249.jpg



そして、内側から見たバラ窓のひとつが、こちらです、



s-DSC00287 s



シャルトル大聖堂は、今でも敬虔なカトリックの聖堂としての役割をになっていて

建物内部は静粛で背筋が伸びるような

それでいて心安らぐような場所でした。



s-DSC00284.jpg


s-DSC00292.jpg


s-DSC00352.jpg




・・・そう、正面の有名な、生命の木、という名前のステンドグラスが修復中で、

(常にどれかのステンドグラスが修復中とのことです)

美しい晴天の空のもと、他の観光客も珍しく写りこんでいない貴重な写真ですが

とほほの、修復中の養生姿です; 笑



ジャンル : 写真
テーマ : 写真日記

[ 2011/08/19 18:07 ] 風景 | TB(0) | CM(6)